NEWS

Logic(ロジック)のレーベルに新しく加入したラッパーSilasが、ロジックとのコラボ曲をリリース。

 

2017年に自殺防止センターの電話番号が題された楽曲「1-800-273-8255」が大ヒットし、一躍世界に名を馳せたラッパー、Logic(ロジック)。彼は今年の3月に自身初となる小説「Supermarket」を出版し、NYタイムズのベストセラー・リストで1位を獲得している。さらに5月には、エミネムとの初コラボ楽曲「Homicide」を収録した新アルバム「Confessions of a Dangerous Mind」をリリースした。そんな世界のトップラッパーの一人として精力的に活動している彼であるが、歴史上のトップ・ラッパーの例に倣って自身もレーベルを立ち上げている。彼は最近レーベル名も変更し、その足がかりとしてビデオ・ブログを立ち上げていた

 

関連:Logic、最新アルバム「Young Sinatra IV」が最後のフィジカルリリースになると発表

 

そんな彼のレーベルだが、新メンバーが加入したことが話題となっている。彼のレーベル「Bobby Boy」が契約したラッパー、Silas(サイラス)がリリースしたシングル「These Days」には、ロジックもフィーチャリングされている。「憧れていた存在と共にこの作品に取り組むことができた。夢が実現したよ。」と語ったサイラス。サイラス自身はドレイクとフューチャーのヒット曲「Jumpman」を連想させるようなフローでラップしており、ロジックはKid Cudiのようなメロディアスなスタイルで自身のヴァースを始めている。

 

曲中で「新しいチャレンジが必要だ」と語ったロジック。今後の彼の活動と、彼のレーベルの発展に期待したい。

 

Shares

RELATED POSTS