NEWS

Cardi B(カーディ・B)とOffset(オフセット)がJimmy Kimmelの番組に出演。「Clout」が優しい言葉遣いに訳される

 

 

Cardi B(カーディ・B)とOffset(オフセット)がJimmy Kimmel Live!に出演した。今回、二人のコラボ曲「Clout」が優しい言葉遣いに訳されている。

 

関連記事: Cardi B(カーディ・B)の娘が1歳の誕生日をむかえる。お祝いとして制作された楽曲をチェック

 

今回公開された動画は、「New Lyrics for Old People」というコーナーのものとなっている。こちらのコーナーは、ゲストの楽曲の言葉遣いを、番組の司会者であるJimmy Kimmelがその場でシニア向けに変換するという内容になっている。こちらのコーナーには、前回はYGが出演していた。

 

「Clout」の「Swapping our cars with my bitch, I bought her the Lambo she bought me the Wraith(俺の女と車をスワップして、俺は彼女にランボルギーニを買ってやった。彼女は俺にレイスを買った)」というパートをオフセットがラップすると、カーディ・Bは自分を指差して「それ私だよ!」と笑顔で話している。

 

Jimmyは、こちらのリリックに対して「夫と妻で車を交換してるよってことでいいんだよね?」と声をかけた。

 

「Get the whip, put it up for my seeds, No cure for the IG disease」というリリックについては「seedsは子供のことだから、子供のためにお金を貯めていて、インスタグラムを愛しているってことだよね。マジで。」と変換している。

 

フル動画は以下のリンクからチェックすることが出来る。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE