NEWS

Childish Gambino、Kanye Westのツイートをネタにしたコントに登場

text: Takeaki Iga

 

新曲「This Is America」のミュージック・ビデオも話題騒然のChildish GambinoことDonald Glover。「This Is America」のMV公開に先駆けて出演した人気TV番組『Saturday Night Live』に出演し、番組名物ともいえるコント・コーナーに多く登場して視聴者を沸かせた。Migosをパロディ・ネタにし、A$AP Rockyもカメオ出演したコント<Friendos>のほか、中でも話題になったのは、Kanye Westによる一連のツイートをネタにした<A Kanye Place>だ。

 

 

これは現在、アメリカで公開中の『A Quiet Place』というホラー映画が元ネタになっており、聴覚が敏感な怪物が登場し、音を立てた人間を食べてしまうというストーリーが背景になっている。
コントにおいては、KanyeがツイートをするたびにDonald Gloverが仲間を引き留め、その内容に声を出してリアクションしてしまった仲間たちがどんどんと怪物に襲われてしまう、というもの。コント内にはKanyeがトランプ大統領から帽子にサインをもらったというツイート、John Legendの妻であるChrissy Teigenのベイビーシャワーに呼ばれたというツイート、新曲(「Lift Youself」)が公開されたというニュース、TMZのインタビュー内の「奴隷制は選択だった」という発言が登場する。
Kanyeを揶揄しているようにも見えるこのコントだが、Kanye本人は爆笑している絵文字と共にこのコントの動画をツイート。自分のことをネタにしている動画にもリアクションするとはさすが<Free Thinker(自由に思考する人の意。最近のKanyeの口癖でもある)>というべきか。

 

 

彼は同時に、Childish Gambinoが発表した「This is America」のMVもツイートしているが、銃規制などに対する問題意識が溢れたこの曲とMVに対して、Kanyeは一体何を思うのだろうか。

Shares

RELATED POSTS