NEWS

Chance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)が新アルバムのリリースを経てツイッターで想いを語る。「みんな俺に自殺して欲しいって思ってるような気がする」

 

 

ファン待望の新アルバム「The Big Day」をリリースしたものの、僅差でチャート1位を逃したChance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)。最近はアルバムに対する反応もあってか、ツイッターにて「一部の連中は、俺に自殺して欲しいって思っているんじゃないかっていう狂ったものを感じるんだ。俺はそう思わないけど、その圧力を感じるんだ。」と語った。

 

 

 

 

また、アルバムにて妻であるKirsten Corleyに対する愛を語っていることを馬鹿にする意見に、憤りを示したチャンス。

 

 

 

「音楽が俺の一日の気分を決める最も大切なものなんだ。変わってるよな。俺をいい気分にも悪い気分にもするんだ、それはとっても純粋なものだなって感じる。他にも音楽からエネルギーを得る人はいるだろうしね。だから今までテキストメッセージを送ってくれたみんな、感謝しているよ。」

 

 

「俺は今、家族と過ごしたりとか、このプロジェクトを作ることに集中する前にやっていたことができていることをとても嬉しく思う。そしてこういった感情を表現したいんだ、何故ならツイッターってのはそういう場所だからね。本当にどう思っているのか語る場所だと思うんだ。そして俺がずっと感じていて、今回100%そうだなって思ったのは、妻を愛しているってことだ。」

 

 

チャンスの新アルバムは合計10万8千枚の売り上げを記録したものの、NFの13万枚に及ばず、チャート1位を獲得することはできなかった。また、アルバムでは妻のことについて語りすぎていたりと、昔の作品とは違っているなどといった批判が向けられている。

Shares

RELATED POSTS