NEWS

Lil Uzi VertがDJ Premierのビートでラップをすることを拒否したことについて、DJ Premierが真相を語る。

 

 

2016年の初めに公開されたHOT 97のインタビューにて、Lil Uzi Vertがフリースタイルを披露した。その際に彼はGang Starrの名曲「Mass Appeal」のビートの上でラップすることを拒否しており、これについて様々な意見が飛び交っていた。このDJ Premierによるビートは、ヒップホップ史に残る名ビートであるため、ファンによってはレジェンドをディスリスペクトしているとUziの言動に怒っている人もいた。

 

関連記事: Lil Uzi Vertが待望の新アルバム「Eternal Atake」のリリース予定日をファンに質問され「わからん」と答える。

 

そんな中Gang StarrのDJ Premierが、Geniusのインタビューにて、Lil Uzi Vertとの会話について語った。

 

そもそも彼は、俺のどんなビートの上でだってラップする必要はないし、俺らには愛があるよ。彼は俺に「DMしてくれ」と言ってくれて、ツイッターでフォローしあった。「Mass Appealの上でラップしたくないとか、曲がワックだとかそういうことじゃなかったんだ。そのときに、ラップをしたいと思っていたビートではなかっただけなんだ。フルクリップのインストだったらやってたよ。俺たちを、こんな風に引き裂かせないでくれ」と、彼からメッセージを貰ったよ。一緒に何かするべきだと言われて、俺も同意した。ただ今は、スケジュールの問題があるけどな。

 

Lil Uzi Vertが「Mass Appeal」の上でラップをすることを拒否した理由について語ったDJ Premier。二人のコラボについても、実現する可能性があるのであれば非常に楽しみである。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE