NEWS

スヌープ・ドッグが人種差別的なブッキング・エージェントを近く名指しで公表すると怒りの投稿。

 

 

スヌープ・ドッグはラッパーとしてだけでなく、ビジネスマンとしても優秀である。彼はヒップホップ界でも長きに亘ってリスペクトされているが、起業家としてもアクティブに活動してきた。スヌープのこれまでの活動としては、主に大麻関連の商品やアプリなどがあるが、どうやらブッキング・エイジェンシーも所有しているらしい。しかし、どうやらスヌープがこの業界で成功することを好ましく思わない人達がいることが、スヌープの最近のインスタグラムの投稿により分かった。

 

スヌープは以下のように語った。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

U know who u is. Bitch 🔥💥✨

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿 –

 

 

「俺はもうすぐこの業界のくだらないエージェントたちを晒してやる。名前と所属企業を公表するつもりだ。黒人が成功するのがそんなに憎いか?人種の違う人達とのコネがあることが嫌なのか?俺が今メキシコ人たちと仕事していることを快く思ってない人もいる。」

 

 

業界でのいざこざにより、怒りを露わにしたスヌープ。彼は動画の最後を「もし他にも今のエージェントたちと仕事をするのが疲れたというやつがいたら、今すぐ俺に連絡しろ。」と締めくくっており、今後、大きなニュースとなる可能性もある。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE