NEWS

Juice WRLD(ジュース・ワールド)の母親が声明を出す。「彼が望んでいた薬物依存への勝利が、誰かに与えられることを願います。」

 

 

シカゴのミッドウェー国際空港にて発作を起こし、21歳の若さで亡くなったJuice WRLD(ジュース・ワールド)。そんな彼の母親が声明を発表したと、TMZが報道している。

 

関連記事: Juice WRLD(ジュース・ワールド)が亡くなる前、パーコセットを大量に摂取していたとの目撃証言が浮上。

 

「私たちはJarad(ジュース・ワールドの本名)を心の底から愛していたし、こんなにも早く彼を失うことになるなんて信じられません。彼が音楽でファンの皆さんに伝えてきたように、Jaradは処方箋薬の依存症と闘っていました。」

 

彼女は続けて、以下のように話している。

 

「依存症に境界線はなく、本人が闘っていることをはるかに上回って、インパクトを与えます。Jaradは息子、兄弟、孫、友達であり、多くの人にとって、それ以上の存在でした。何よりも、みんなが彼が依存症に勝つことを望んでいた。彼のレガシーが、彼自身が望んでいた勝利を誰かに与えると願っています。彼の愛、感情と誠実さ、喜び、そしてレガシーが生き続けると信じています。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST