NEWS

エミネムとマシン・ガン・ケリーのビーフについてYelawolfが語る。「MGKがやり返したスピード、信念、どれも見事だった。」

 

 

昨年、世間を賑わせたエミネムとマシン・ガン・ケリーのビーフ。ビーフのきっかけとなったエミネムのアルバム「Kamikaze」がリリースされた当時について、エミネムとMGKの両方と交流があり、エミネムのShady Recordsに所属していたYelawolfが語った。

 

関連記事: Machine Gun Kellyがエミネムへのディストラック「Rap Devil」を公開しその理由を語る。パンチラインを紹介

 

HipHopDXのインタビューにて、Yelawolfは「MGKとのコラボ曲であるRowdyに、エミネムも参加してほしいと連絡したんだ」という旨を説明した。しかしエミネムからの返事はなかったらしく、その後エミネムは楽曲「Not Alike」でMGKを名指しでディスしたのだ。

 

Yelawolfは、エミネムとMGKのビーフが起こっているそのタイミングでMGKとのコラボ曲をリリースすることを躊躇したらしく、彼はエミネムにもう一度連絡をしたと語る。

 

エミネムは「何言ってるんだよ、みんなにも聴かせたほうがいい曲だし、ファンもみんな聴きたいだろ。」と返事をしたようだ。

 

Yelawolfは、そんなエミネムについて以下のように語っている。

 

「エミネムは、俺がやることについて、私情を挟まないんだ。いつもだ。これは間違いなく言えるよ。彼はいつも、俺にとってのチャンピオンさ。俺のためになることを考えてくれる。」

 

また最後にYelawolfは、MGKがエミネムに向けたアンサーである「Rap Devil」についても話している。

 

「MGKに関しては、すごいよな。見事だったよ。やり返したスピード、信念、そして地に足がついていて、やり通した。尊敬に値することだと思うし、ギャングスタ的だった。それはみんなも思っただろうけどさ。もしそう思わないならヘイターだよ。」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST