NEWS

「Travisbott」と呼ばれるAIが機械学習でトラヴィス・スコット風の楽曲を生成。

 

 

AIの技術が進化したことにより、現代ではアート作品などを機械が生成することが可能となった。そんな中、デジタルエージェンシーの「space150」がAIにトラヴィス・スコットの楽曲を機械学習をさせ、トラヴィス風の楽曲を生成した。

 

関連記事: Travis Scott(トラヴィス・スコット)が今後の楽曲制作について語る。

 

こちらのAIによって生成されたラッパーは「Travisbott」となっており、楽曲のタイトルは「Jack Park Canny Dope Man」となっている。

 

トラヴィスのメロディーだけでなくリリックも学習したTravisbottは、トラヴィス・スコットのキャッチフレーズである「it’s lit」や「straight up」も多用している。

 

space150のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターであるNed Lampertは今回のプロジェクトについて、Adweekにて以下のように語っている。

 

我々は、「AIを使用して実際の名曲のようなものを生成したらどうなるのか?」ということに興味があった。Travis Scottを選んだのは、彼が個性的なアーティストで、サウンド的にも見た目的にもピッタリだと思ったからなんだ。

 

またNed Lampertは、「トラヴィスのAIは最初の頃、食べ物についてのリリックを生成し続けていた」と話している。例としては「I don’t want to fuck your party food」などがあったようだ。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING