NEWS

ケンドリック・ラマーの「To Pimp a Butterfly」が5周年。「Mortal Man」の2Pacとケンドリックの会話が生まれた経緯を紹介。

 

 

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)のアルバム「To Pimp a Butterfly」が今年の3月15日に5周年を迎えた。第58回グラミー賞にてアルバム・オブ・ザ・イヤーを含めた11部門にノミネートされ、最優秀ラップ・アルバムなどを受賞したこちらのアルバムは、そのコンセプチュアルな内容とケンドリック個人の成長ストーリーが絶賛された。特に最後の曲である「Mortal Man」にて2Pacのインタビューが使用されたことに驚いたリスナーも多いだろう。

 

ネルソン・マンデラ、キング牧師、マルコムXのような「リーダー」となる自分が、もし過ちを犯してしまったり、今後自身からネガティブな疑惑が出たりしたときも、「最後まで俺のことを信じてくれるか?」と世の中に問いかけるこの曲は、成長した彼の魂の叫びであり、最後は2Pacへのインタビュー音声で締めくくられ、アルバムは幕を閉じる。
こちらの2Pacのインタビューはどのような経緯でアルバムに収録されたのだろうか?TDEのインハウス・プロデューサーであるSounwaveがSpinのインタビューにて語った内容を紹介したい。

 

関連記事: ケンドリック・ラマーとドレイクの競争はまだ終わらない?「今年No.1を決める時がくる」とJoe Buddenが予想。

 

アウトロの2Pacとのインタビューは、ケンドリックと2Pacが会話しているかのように編集されている。ケンドリックは自身がアルバム内で書き続けていたポエムを2Pacに読み聞かせ、2Pacの語る「地面」について質問をする。その地面は「貧しい人たち」のことを表していると2Pacは語っており、いずれ飢えた地面が、その上に立っている裕福な人々を飲み込むと、自身の考えを明かしている。最後には2Pacからの返事が無くなり、ケンドリックの動揺した声だけが続くというストーリーになっている。そんな楽曲について「元となるインタビューは誰が発見したのか?」と質問を受けたSounwaveは、以下のように答えている。

 

あのインタビューはたしか、ドイツかどこかで行われたものだ。(実際にはスウェーデンのP3というラジオ局であると追記されている)ケンドリックの大ファンがインタビューの存在を教えてくれたんだ。「誰も聞いたことがない2Pacとのインタビューを持ってるんだ。あなたに聴いてほしいんだ」と言われ、俺たちはインタビューを聴いてアルバムに使用する許可を取った。彼はケンドリックを本当にリスペクトしていて、「使ってくれ、他にも俺から必要なものがあれば言ってくれ」という感じだった。

 

それから実際にケンドリックと2Pacが話し合いをしているように編集されたバージョンを、ケンドリックからメールで受け取ったSounwaveは、「世界がこれを初めて聴く瞬間を、俺は体験した。彼が何をやったのかわからないけど、ここまで鳥肌が立つとは思わなかった」という旨を語っている。

 

おそらく、ケンドリックは世間からの反応をまず俺たちで試そうとしたんだ。彼は俺たちの意見をリスペクトしてくれているから、メールで送って、俺らの反応を待っていた。これは彼が本当にやってみたかったことだったんだと思う。あれは彼が一人で編集したんだ。エンジニアもいない状況でだ。あれはケンドリックが自分のパソコンで編集したものだよ。彼はそんぐらい積極的なんだ。

 

実際の楽曲は、以下のリンクからストリーミングすることが出来る。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST