NEWS

本名がトゥパック・シャクールの男性が失業給付申請を却下される。イタズラと勘違い

 

 

G.O.A.T.(史上最も偉大なラッパー)と称され、多くのラッパーたちを影響した西海岸を代表するラッパー、2Pac(本名:Tupac Shakur トゥパック・シャクール)。彼が亡くなってからもう20年以上にもなる。

 

 

しかし先日、2Pacと同姓同名のTupac Shakurを名乗る人物から失業給付金の申請が届いたとケンタッキー州が発表した。あの「トゥパック」から新型コロナウイルス感染症による失業給付申請を受け、ケンタッキー州のAndy Beshear市長はイタズラだと思ったようだ。彼は会見にて以下のように発言した。

 

 

関連記事:2PacがMadonna(マドンナ)に宛てた手紙がオークションに出品される。マドンナ本人は出品を認めず

 

 

「残念ながら、給付金には少し時間を要することを理解して欲しい。なぜなら、一部の人たちが問題の克服を困難にしているからである。例えば、先日Tupac Shakurを名乗る人物から失業届が届いた。このイタズラをやった人物は、これを面白いと思ったのかも知れない。だが、このような人のせいで、私たちは余分な仕事をすることになってしまった。」

 

 

 

 

しかし、この申請をしたのは、ケンタッキー州に実在する「トゥパック」であり、2Pacと同姓同名のTupac Malik Shakur氏(46歳)であった。勿論、あの伝説の2Pacとは別人であるものの、珍しい名前なのもあり、ケンタッキー州はイタズラだと思い込んだようだ。

 

 

元々このトゥパックさんは、ケンタッキー州内のレストランで、シェフとして働いていた。彼は市長の発言について「私は先月からどうにか生計を立てようと頑張ってきたんだ。傷ついたし、恥ずかしいし、驚いた。彼は謝る必要がある。あれは本当に私の本名なんだ。」

 

 

その後、市長はトゥパックさんに電話し、謝罪の意を伝えたようだ。トゥパックさんは、謝罪を受けて、「市長も今、多くのことを抱えている。間違えることもあるよ。」と、市長を許している。

 

 

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING