NEWS

50 Centから学ぶハッスル精神と成功へのモチベーション。「与えられた知識を活かせない人が多いんだ」

 

 

4月28日に、自身が執筆した本「Hustle Harder Hustle Smarter」を発売したばかりの50 Cent。こちらの本は、彼のハッスル精神や、毎日どのようなことを心がけて仕事に取り組んでいるかを明かした貴重な内容となっている。とてもインスピレーショナルであると評判の本であるが、彼がBigBoyTVに出演した際に語ったことを紹介したい。

 

関連記事: 50 Centがギャング・ライフについてラップするアーティストに警告。「曲中で語るなら法廷でもギャング扱いされる」

 

彼はこの本で、自分が持つ知識をアウトプットし、公にそのノウハウを公開しているが、BigBoyは「自分だけが知っていたら有利かも知れないことを、公にしようと思ったのはなぜ?」と質問している。その質問を受けた50 Centは、知識を活かせる人はいるが、ほとんどの人は学んだことを活かせないので問題がないと説明している。

 

世の中の多くの人は、こうやってノウハウが公開されてても、それを活かさないんだ。例えば学校で学んだとしても、大体の人は試験が終わったらその知識を忘れ、それを自分のスキルとして人生に活かさない。知識やノウハウを与えることはできるが、あなたはそれを使って何をする?それが重要なんだ。

 

そうやって俺と同じ情報を持っていたとしても、それを活かせずに自分が上手くいってないことに怒る人もいる。自分が理解をできないことに対して、その怒りを他人に向けるんだ。そういうやつは、俺がちょっとスマートなことを言うだけでキレる(笑)

 

自分のノウハウや理念を公開してしまっていいのか?という問いに対して、「活かす人は活かすし、ほとんどの人は活かせない」と明かした50 Cent。学校を例にとり、多くの人が試験が終わったら全てを忘れてしまうように、自分の一部にすることができない人が多いと語った。

 

その知識を使い、どのように人生に活かしていくか?その精神が重要なのだろう。
また彼は「この本を執筆することで実際に何を学んだのか」という質問にも答えている。

 

俺の周りの人たちが自分のためにしてくれたことの理由を理解した。俺にはDr. DreやEminemがいて、自分のキャリアをスタートするための土台をくれた。でも一生彼らにお世話になるわけにはいかないんだ。そうやって自分の『与えてもらった地位』に囚われて、それ以上のキャリアを進めない人もいる。彼らは、俺が必要としていたことをしてくれて、そこからは自分が飛び出す番だった。

 

50 Centは、自分自身の努力や経験で掴んでいない、与えられた地位を自分のものだと勘違いすることを「Entitlement Trap」とし、そのトラップに囚われる人が多いと語った。ドクター・ドレーやエミネムが自分にしてくれたことを考えると、キャリアをスタートする土台は提供してくれたが、そこからは自分で独立したキャリアを作るために努力する必要があったと、50 Centは執筆をしながら改めて思い出したのだろう。彼の成功は、与えられた土台に満足せずに、自分のクリエーターとしてのポジションを確立するためにハッスルした結果なのだろう。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING