NEWS

Royce Da 5’9”がエミネムのマーシャル・マザーズ財団のディレクターに就任し、貧困問題や若者を支援する活動に力を入れていくと発表

 

 

ヒップホップデュオ「Bad Meets Evil」での活動以外にも、エミネムの長年のコラボレーターとしても知られるRoyce Da 5’9”(ロイス・ダ・ファイブ・ナイン)。この度Royce Da 5’9”がエミネムの「Marshall Mathers Foundation」にディレクターとして参加すると発表された。

 

関連記事: Royce da 5’9”がエミネムのためにビートを制作中。Bad Meets Evilの新プロジェクトの可能性

 

Marshall Mathers Foundationは、デトロイトや周辺地域の貧困問題や、若者を支援する団体であり、Royce Da 5’9”はコミュニティエンゲージメントや社会的公正ディレクターを務めるようだ。彼はインスタグラムにて以下のように語っている。

 

「寄付するだけでなく、新たなイニシアチブを始めることができて、本当に楽しみだよ。俺のゴールはシンプルだ。特権がないような、社会的に恵まれていない人々が特権を持てるように活動する。そして、エミネムと協力することができて光栄だよ。」

 

今回の発表についてはエミネムもコメントをしており、彼は「#MarshallMathersFoundationが新たなゴールにたどり着くためにRoyce Da 5’9”の協力を得ることができて、俺は本当に嬉しいしラッキーだ。」と話している。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING