NEWS

Megan Thee Stallionが「Boyz-n-the-Hood」をサンプリングした新曲「Girls in The Hood」をリリース。元ネタであるEazy-Eの娘たちの間で論争が起こる。

 

 

Megan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)がリリースしたばかりの新曲「Girls in the Hood」。こちらの楽曲はEazy-Zの「Boyz-n-the-Hood」をサンプリングしているが、Eazy-Eの娘二人の間で論争が起きている。

 

関連記事: 有名ラッパーと学生を両立するMegan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)がその理由を語る。「6ページの研究論文に悩まされている」

 

はじめに、ミーガンが「Girls in the Hood」のリリースをインスタで予告した際に、Eazy-Eの娘の一人であるReeMarkableがそれについて苦言を呈していた。

 

ReeMarkableはミーガンの「Girls in the Hood」について「実の娘ですらサンプリングの許可を取るために苦労しているのに、別のアーティストが私たちを差し置いて許可をとるなんて、もうウンザリだよ。」という旨のコメントをしていた。

 

しかしEazy-Eのもう一人の娘であるEbie Wrightは「Girls in the Hood」について絶賛している。Ebie WrightはReeMarkableについて「父はReeMarkableって人とは会ったことがないし、急に出てきた。」と話しており、ミーガンの新曲については「誰かが私の父を称えてくれるのは嬉しいことだし、快く思ってる。」という旨のコメントをしている。

 

Eazy-Eの娘同士で意見が分かれている「Girls in the Hood」であるが、音源は以下のリンクからストリーミングすることができる。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING