NEWS

J. ColeがRoc Nationと契約した当時を振り返り、NBA選手になる夢を語る。

 

 

新アルバム「The Fall Off」のリリースが期待されているJ. Coleが、The Players Tribuneにて記事を執筆した。タイトルは「The Audacity」となっており、彼はラッパーとして有名になった後に、NBAを目指していたことを明かしている。

 

関連記事: J. Coleが名指しをせずに他のラッパーに宛てたスニーク・ディス/メンションを5つ紹介。「False Prophets」や「Middle Child」など

 

J. Coleは2009年の2月24日にRoc Nationと契約をしたことについて鮮明に覚えていると語っており、その当時を振り返った。J. Coleには「いつか、Jay-Zや一握りのラッパーだけが到達した立場までのぼりつめる」という究極のミッションがあったのだ。

 

そこまで大きなミッションがあると、頭の中に、他のことのためには小さな部屋だけを残すんだ。その夜、お祝いから帰っていた俺はその小さな部屋にて、暗算をした。親指、人差し指、中指と順番に。「もし3年で売れることができれば、俺はまだ27歳だ。もしかしたら、バスケットボールのプロとして夢を追うためにトレーニングするのに十分な時間があるかもしれない。世界中でパフォーマンスをするために働いて、それからNBAまでのぼりつめるためにトライするんだ。」俺はポジティブに笑った。まだその途中だよ。

 

彼は今でもバスケに対する想いがあると語った。これから彼がNBA選手になることはあるのだろうか?記事のフルはこちらのリンクからチェック。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING