NEWS

ロジックがポップスターレベルの知名度になったことによって起きた精神的なプレッシャーについて語る。

 

 

先日、キャリア最後のアルバム「No Pressure」をリリースし、ラップを引退したLogic(ロジック)。彼がBig Boy’s Neighborhoodに出演し語った内容を紹介したい。

 

関連記事: ロジックがSNSにおける中毒性について語る。「成功=いいねの数だと植え付けられてしまう」

 

人気ラッパーだったロジックは、アルバム「Everybody」に収録されている楽曲「1-800-273-8255」により一気に「スターアーティスト」として知られるようになった。しかし彼は、そのように名前が広まったことによって、辛い思いをしたと語っている。

 

Everybodyに収録されている1-800がヒットするまで、俺はただのちょっと世の中に知られているくらいのラッパーだった。それから俺は、ポップスターレベルで有名なラッパーになったんだ。「そういういことだったんだなセレーナ・ゴメス。なるほどなジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフト。」と思ったよ。ズタズタに引き裂かれるんだ。世の中は有名人に対して知り合いでもないのに、ふざけたことを言うんだ。普通に生活してるときの写真を見て、いきなり「太りすぎ」とか「痩せすぎ」とか言うんだ。それで俺は「ただラップがしたいだけなんだけど」って思うんだ。

 

またロジックは「俺の最も暗く、最悪だった時期は、俺が最も有名で、裕福だった時だ。みんなはそれを理解していない。」とも話している。ロジックは以前からSNSなどのプレッシャーについて語っていたが、このように世間から向けられる言葉も彼の重荷になっていたようだ。インタビューのフル動画は以下のリンクからチェックすることができる。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE