NEWS

トラヴィス・スコットとのコラボの影響でマクドナルドの業績がアップしたと報じられる。メニューに名前が載った著名人としてはマイケル・ジョーダン以来

 

 

マクドナルドとのコラボ、クリストファー・ノーランの映画「TENET」に楽曲提供、そして新曲「Franchise」のリリースと、思わず脱帽してしまう話題作りをここ数ヶ月で見せてきたTravis Scott(トラヴィス・スコット)。そんなトラヴィス・スコット・ミールとして、BLTバーガーのセットを販売していたマクドナルドの今期の業績が4.6%上昇したとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。

 

【関連記事】トラヴィス・スコットとマクドナルドのコラボセットの試食レビューをPitchforkが公開。「ラッパーの魂はどのような味がするのだろうか?」

 

トラヴィス・スコットとのコラボセットを販売してきたマクドナルドでは、品薄状態が続いた店舗もあるようだ。前期は、新型コロナウィルスの自粛期間の影響で売上が、2019の第一期に比べて8.7%落ちていたが、今期(7月〜9月)は4.6%上昇したと報道されている。要因としては、トラヴィス・スコットとのコラボの他に、ドライブ・スルーのスピードを改善したことが大きいともウォール・ストリート・ジャーナルでは明かされている。

 

マクドナルドのメニューに名前が載ったエンターテイナーとしては、1992年のマイケル・ジョーダン以来であり、今月からはJ. Balvinとのコラボも開催されるようだ。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING