NEWS

【ビフォーアフター】ラッパーたちの売れる前の姿。最も変わったのは誰?

 

ヒップホップは、サウンド、見た目、稼ぎ方などにおいて、アーティストの成長が顕著に現れるジャンルと言っていいだろう。服装や宝石だけではなく、アティテュードにもそのアーティストとしてのキャラクターが見えてくる。今回は、XXLの記事を元に、スターになる以前と今でも最も変化したラッパー10人を紹介したい。

 

1. Playboi Carti(プレイボーイ・カルティ)

今年、ニューシングル「@Meh」をリリースしたプレイボーイ・カルティ。彼も売れる前は、パソコンを使って遊ぶ子供であった。以下の動画では、中学生と思われるプレイボーイ・カルティが、PCから流れるビートに合わせて踊っている。

 

 

2. Travis Scott(トラビス・スコット)

以下の動画では、ティーネイジャー頃のトラビス・スコットがラップをしている様子が見ることができる。彼は2008年に「The Graduates」と呼ばれるラップ・デュオを長年の友人であるChris Hollowayと共に組んでいた。翌年には、同じ学校の生徒であったOG Chessと共に「The Classmates」という別のユニットを組み、二つの作品をリリースしている。このラップしている動画は、その当初か、それ以前のものと思われる。

 

 

3. Juice WRLD(ジュース・ワールド)

フリースタイルが得意なことで知られているジュース・ワールド。Benny Blancoのトラック「Graduation」では、学校でラップしていた学生時代を懐かしく思う歌詞を披露していた彼であったが、ここでは実際に学校の廊下でラップをしている様子が見られる。

 

 

4. Migos(ミーゴス)のOffset(オフセット)

こちらのYouTubeにアップロードされている動画では、Migosのメンバー、Offsetと思われる少年がダンスしている様子が見られる。また、動画に写っている人のうち、パソコンの前に座っているのは、Offsetのもう一人のメンバー、Quavoのようにも見える。

 

 

5. Kodak Black(コダック・ブラック)

こちらの動画は、彼が2009年にリリースした曲のMVのようだ。ラッパー四人が繋がれていないマイクを回しながら、歌詞を口パクしている様子を、ウェブカメラか携帯で撮影したMVとなっている。サビを歌っているのがコダックだと思われる。

 

 

6. 2Pac(トゥパック)

こちらの動画に登場するトゥパックは17歳であり、動画は1988年に撮影されたもの。18歳になることについて、彼は「たくさんの責任を担うことになるが、その年齢にならなくては得られない尊敬を得ることができると思う」などと語っている。

 

 

7. Lil Wayne(リル・ウェイン)

1995に撮影されたこちらの写真には、13歳の頃のリル・ウェインが写っている。トレードマークであるドレッドやタトゥーがないウェインである。

 

 

8. Pop Smoke(ポップ・スモーク)

こちらの動画では、若かりし頃のポップ・スモークが友人達と話している様子が見られる。面影はほぼ見られない。中学生の頃の動画と思われる。

 

 

9. Mac Miller(マック・ミラー)

こちらの動画では、ティーネイジャーのマック・ミラーが、スクールバスの中でフリースタイルをしている。

 

 

10. Rick Ross(リック・ロス)

こちらの写真のリック・ロスからは、現在のサングラスと髭のイメージは想像できないだろう。この写真が撮られた当時、リック・ロスは刑務所にて看守として働いていたようだ。写真の下には彼のフルネームであるWilliam Robertsと書かれている。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST