NEWS

エミネムのディープフェイクによって作成された楽曲が公開される。FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグをディスする。

 

 

AIに深層学習をさせ、高度な画像生成技術を駆使して合成された「ニセ」の動画や画像、ディープフェイク。今年の5月頃にJay-ZのディープフェイクがBilly Joelの「We Didn’t Start the Fire」のリリックでラップしている動画が話題になっていたが、この度、Eminem(エミネム)のディープフェイクによって作成された楽曲が公開された。

 

関連記事: アーティストの声におけるディープフェイクは合法?Jay-Zとディープフェイクの戦いから考える

 

Calamity AiというYouTubeチャンネルが公開した動画の概要欄によると、こちらの楽曲は「エミネムのスタイルで、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)に対するディストラック」というタイトルだけ入力し、後はAIがリリックを書いたようだ。その後Calamity Aiは30HZというYouTubeチャンネルにリリックを送り、そこでディープフェイクの楽曲が作成された。

 

エミネム本人はこちらの楽曲に全く関わっていないが、そのリリックはエミネムらしい内容になっており、エミネムのディープフェイクはマーク・ザッカーバーグのプライベートでの生活やFacebookまですべてをディスっている。

 

賛否両論がある技術のディープフェイクであるが、動画は以下のリンクからチェックできる。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE