NEWS

なぜJ. コールはアルバムにフィーチャリングアーティストを呼ばないのか。Dreamville所属のEarthgangが語る。

 

先日、ラジオ局Power 106に出演したヒップホップ デュオのEarthGang (アースギャング)。彼らはラッパーJ. Cole(J. コール)が立ち上げたレーベルDreamvilleに所属している。J. コールといえば、自身のアルバムに他のアーティストが参加しないことで有名であるが、Dreamvilleのアーティスト全員が出演したコンピレーションアルバム「Revenge of the Dreamers III」では、J. コールとアースギャングのコラボが実現している。

 

 

こちらが実現した経緯について問われ、アースギャングのOluは以下のように語った。

 

「彼は恐らく、自らが描きたいストーリーや、伝えたいこと、そして音楽的にやりたいことに没頭しているから、自分しかその世界に入り込むことができないんだと思う。」

 

これに対し、「それを尊敬している」と語ったWowGr8。「俺たちの作品にもそこまで多くのアーティストがフィーチャー参加していない。俺たちも作品に没頭している。他のアーティストに参加してもらう際には、それについてとても戦略的に考えている。」

 

また、「Revenge of the Dreamers III」での共演を通じて、J. コールはフィーチャーに対してよりオープンになったかもしれないとも語ったアースギャング。今後もDreamville所属アーティストの共演と活躍に期待したい。

 

インタビューの様子は以下から視聴できる。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE