NEWS

ジム・ジョーンズが現代の音楽業界について語る。「才能に投資をしなくなってしまった」

 

 

ハーレム出身のベテランJim Jones(ジム・ジョーンズ)が、The Breakfast Clubに出演しインタビューに答えた。

 

【関連記事】ヒップホップとTiktokのバイラル・ヒット。時差でヒットした楽曲やバイラル戦略を紹介

 

ジム・ジョーンズは現代の音楽業界について以下のように語っている。

 

「マジで悲しいのが、現代の音楽業界ではもう才能を求めていないんだ。数字を求めている。怖いよ。クソ才能ないやつがやる、くだらない曲があって、その曲がSNSでヴァイラルになるからレーベルはそういうものに大金を投資する。そして次のマイケル・ジャクソンやドレイクになりうるような才能を持ったアーティストを無視するんだ。」

 

現代の音楽業界は才能を持つアーティストを無視し、数字だけを求めていると語ったジム・ジョーンズ。彼は以下のように続けている。

 

「音楽業界にエグゼクティブとして戻るチャンスがあれば変えたいことの一つだよ。様々な感情を与える音楽がある。だけど俺が話しているのは、新しい音楽とリアルな音楽に投資し、サクセスをするべき才能に、与えられるべきチャンスを与えるということだ。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE