NEWS

「キャリアを長続きさせるには?」ベイエリアのベテランE-40が語る。

 

From: Playatuner

 

アーティストとして「ロンジェヴィティ」があるアーティストと言うと、誰を思い浮かべるだろうか。多くのアーティストの名前が頭に思い浮かぶなか、個人的にインディペンデントでかつ、ロンジェヴィティがあるアーティストと言ったらE-40を思い浮かべる。彼はインディペンデント・ハッスルで知られるベイエリアのシーンの第一人者であり、多くのアーティストが彼のキャリアを参考にしている。近年活躍しているアーティストのなかでは、G-Eazyなどが彼のフォーミュラをリスペクトし、グラインドしてきた

 

【関連記事】スヌープ・ドッグ、アイス・キューブ、Too $hort、E-40によるスーパーグループ「Mt. Westmore」のアルバムが4月にリリースされると発表。

 

そんな彼が2017年に答えたインタビューにて、キャリアのロンジェヴィティについて語っているので紹介したい。

 

 

E-40:俺の「ロンジェヴィティ」への鍵は、早く爆発的に人気にならないことだ。素早く爆発してしまうと、人々は定着しない。気が付かないといけないのは、世間の人々はあまり忍耐強くないということだ。だから皆新しいものが出てきたとき、そちらに乗り換えたくなるんだ。逆に他と違うことをやって、一人一人にとって特別な体験を与えたりする。そして皆が右に進んでいるときに、一人だけ左に進む。そんなやつは俺みたいになれる。

もし俺が出てきていきなり400万枚ぐらい売ったとしても、まだ活動はしているだろう。でも今の俺のほうが感謝され、大きい影響を与えていると思う。プラチナやゴールド認定は俺もされているけど、俺はまだ成長している。

 

彼は「ロンジェヴィティ」のキーとして、早く爆発的に人気にならないというアドバイスを与えている。これは単純に「売れるな」ということではない。多くの「流行り」というものは、非常にサイクルが早い。特に新しい情報が常に入ってくるソーシャル時代では、興味の移り変わりも早い。そんななか、キャリア初期にいきなりそんな「時の人」となったとしたら、自分に共鳴したファンベースではなく、新しいものにいっとき心を奪われた人たちが「ファン」となる。そのような「ファン」が多い場合、また違う新しいものが出てきたとき、自分は注目されてなくなってしまう、ということをE-40は伝えているのだろう。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE