NEWS

ケンドリック・ラマーの「Backseat Freestyle」は元々シアラのR&B曲だった。人気曲が完成した経緯とは?

 

 

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が2012年にリリースした大ヒットアルバム「Good Kid, M.A.A.D City」に収録されている楽曲、「Backseat Freestyle」。Hit-Boyがプロデューサーを務める同曲は最近も映画「Waves」に使用された人気曲であるが、実はこの曲、元々はCiara(シアラ)が歌うR&Bの楽曲だったのはご存知だろうか?

 

【関連記事】ニプシー・ハッスルがスタジオで流した涙についてHit-Boyが振り返る。「本物のギャングスタの涙だった」

 

HipHopDXのインタビュー動画に出演したHit-Boyは、「Backseat Freestyle」を制作した際に「アルバムのコンテクストを理解していたのか?」という旨の質問を受け、以下のように答えている。

 

いや、いくつかのアイデアを試す前にケンドリックと何度かセッションを行ったんだ。ラスベガスでスタジオにこもって制作していたけど、そこで作った曲はアルバムに収録されなかったものも多い。「もっとビートが必要だ」とケンドリックに言われて、その時彼に渡した中に「Backseat Freestyle」のビートがあった。実際に彼がレコーディングしたものを聴いて圧倒されたよ。

 

「Backseat Freestyle」をケンドリックと制作した経歴を語ったHit-Boy。彼は以下のように続けている。

 

もう既にそのビートでレコーディングしてる人がいたから、全く予期していなかった。実は、「Backseat Freestyle」のビートでCiaraがR&Bの曲をレコーディングしてたんだ。曲名は「Hit Boy」だった。「彼女が俺の名前で歌ってるよ」って超テンション上がったけど、そもそもこうなる予定だったのかもな。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE