NEWS

エミネムの大ヒット曲「Lose Yourself」のデモ版が話題に エミネム本人は「全く覚えてない」と語る

 

 

自身が主演を務めた映画「8 Mile」のサウンドトラック主題歌としてフィーチャーされ、アカデミー歌曲賞やグラミーのベストラップソング賞などを受賞したEminem(エミネム)の大ヒット曲、「Lose Yourself(ルーズ・ユアセルフ)」。昨年行われた第92回アカデミー賞授賞式にてエミネムがサプライズで披露した同曲のパフォーマンスも話題になっており、今も人気曲として愛されている。

 

そんな「Lose Yourself」がリリースされる前のオリジナルのデモ版がYouTubeで公開されているのはご存知だろうか?

 

【関連記事】エミネムがデトロイトの医療関係者にルーズユアセルフ登場の「母さんのスパゲッティ」を寄付

 

YouTubeで公開されているこちらの音源は一般的に知られているバージョンとはリリックが異なっており、いわゆるデモ版となっている。サビ部分を盛り上げるサウンドや、「母さんのスパゲッティ」などのアイコニックなフレーズもこのデモ版にはまだ無く、リリースに至るまでにブラッシュアップされていったことがわかる。

 

またエミネムは「Lose Yourself」のデモ版について以下のように話しており、彼はこのバージョンについて全く記憶がなかったと語っている。

 

あの曲には別のバージョンがあったんだ。レコーディングしたことすら覚えてないし、どこでレコーディングしたのかも俺はわからない。1stヴァースのことを何も覚えてないし、とにかく覚えてないんだよな。「デモ版のこと覚えてる?」とある日電話で言われたんだけど、俺は「いや、全く覚えてないわ」と思った。

 

以前も「Lose Yourself」のボーカル音声のみを切り取ったアカペラ音声が公開され話題になっていたが、そちらの音源も合わせて、楽曲の制作プロセスなどをイメージしながら聴いてみると面白いかもしれない。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE