NEWS

亡くなったXXXTentacionがSpotifyにおける一日のグローバルストリーム数で新たな記録を達成。

 

XXXTentaction(XXX テンタシオン)が銃殺されるという悲惨な事件から1日後、彼はSpotifyにおける一日のグローバルストリームで新たな記録を達成した。

 

Spotifycharts.comによると、ジョン・カニンガムがプロデュースしたXXXの楽曲「SAD!」が、19日火曜日に約1040万本の再生回数を記録したとのこと。この記録は、テイラー・スウィフトが以前2017825日に1010万本のストリームを記録したヒット・シングル “Look What You Made Me Do”を超えており、Spotifyにおける新たな記録を達成したことになる。

 

この記録に関して注目すべきなのは、XXXの楽曲が一時的にSpotifyのプレイリストから削除されていたというところにもある。これは先月の出来事で、ヘイトスピーチを含む楽曲を検閲する彼らの新ポリシーにそぐわないアーティストはプレイリストから削除していくという内容によるものだったのだが、その数週間後にSpotifyはその決定を破棄した。この件もあり、XXXの楽曲の再生回数は17%も減少していたのだ。

 

ポリシー撤回に関して、Spotifyマイアミ・ニュー・タイムズに対して以下のように語っている。「我々の意向は良い物だったと信じているが、言葉があまりにも漠然としていて、混乱と懸念を引き起こし、新しいガイドラインをシェアする前に、私たち自身のチームとキー・パートナーから意見を得ることに十分な時間を費やさなかった」

 

しかし、XXXが亡くなってから1日後、彼の生涯とキャリアを称えて、Spotifyは「This Is XXXTentacion」というプレイリストがを公開した。このプレイリストは、「Rest In Peace, XXXTentacion」という言葉と共にSpotifyのホーム画面で公開されている。一時は彼の音楽をプレイリストから排除し、サポートをしないという形で自社のポリシーを定義づけたため、米ヒップホップファンからは今回のプレイリストに対して賛否両論の声が集まっている。

 

「This Is XXXTentacion」は、以下からストリーミングすることができる。

 

Shares

RELATED POSTS