NEWS

Pusha Tがトランプの「Make America Great Again」帽子を「現代のKKKのフッド」と呼ぶ

 

 

今年はPusha Tにとって特別な年であろう。彼の新アルバム「Daytona」は業界内でも絶賛されており、Drake(ドレイク)とのビーフも大きな話題となった。ベテラン・リリシストはまさに表舞台にカムバックしたと言えるだろう。

 

そんな彼は最近The Guardianとのインタビューにて、音楽やメンターでもあり、彼がCEOを務めるG.O.O.D. Musicのファウンダーでもあり、「Daytona」のプロデューサーでもあるKanye West(カニエ・ウェスト)について語った。

 

カニエ・ウェストと言えば、ドナルド・トランプを支持し、彼の「Make America Great Again」の帽子を愛用しているだけではなく、かのTMZのインタビューも非常に話題になった。Pusha Tは、そんなカニエ・ウェストへのロイヤリティを持ちつつも、彼の政治観には共感しないと語った。

 

「あのMake America Great Againハットは現代のKu Klux Klanのフッドだ。むしろアメリカにそんな”グレイト”な時期があったか?いつか教えてくれよ。」

 

また、彼はカニエ・ウェストの政治観について、「俺らはかなり多くのことについて意見が一致しない」と語った。自分のメンターに対してロイヤリティを持ちつつも、多くのことについて忌憚なく意見を言うことができるPushaであった

Shares

RELATED POSTS