NEWS

Futureがリーンの服用をやめたことをファンに明かすのを恐れていた理由を語る。

 

ラッパー「Future」のイメージの一つとして、ドラッグのリーンを思い浮かべる人は多いのではないだろうか。彼も自分のイメージがリーンと結びついていることを自覚しているため、ファンにはリーンを辞めたことを隠しておきたかったようだ。

 

Geniusとのインタビューにて、「何年にもわたって成功を収めてきた今、アーティストとしての原動力は何か。」と問われた彼は、ファンの期待に応えることの難しさについて語った。

 

「俺のモチベーションはロックスターであり続けることだ。それが音楽を作り続けて、音楽の世界に居続けることの原動力になるんだ。そして『これが終わってほしくないし、ファンに愛され続けたい』と思うんだ、難しいよ。」

 

フューチャーはリーンをやめたことが、「Codeine Crazy」などの曲に象徴されるような既存のイメージを維持する上で、プレッシャーになっていたと話した。「大きな挑戦だった…リーンをやめたことは誰にも言いたくなかった。色んな人に『音楽がリーンをやめてから変わった』といわれるような気がしたんだ。ファンは俺のこれまでの行動や考え方に慣れているからね、変わるのが怖いんだ。受け入れてもらえないじゃないかってね。」

 

Futureのフルインタビューは、以下からチェックできる。また、彼の新アルバム「The WIZRD」は、明日リリース予定である。

Shares

RELATED POSTS

PLAY LIST

NEWS RANKING