NEWS

Meek Millがついに自由の身へ!

text: HIPHOP DNA

 

これまで、保護観察期間中の違反行為などが問題となり2年から4年の実刑判決が求刑されていたMeek Millだが、日本時間の4月25日に釈放された。Meekは2件において上訴中であったが、この度、最後の上訴内容がフィラデルフィア最高裁判所によって認められ、保釈の身となった。

 

Meekはさっそく、同郷、フィラデルフィアを代表するコメディ俳優のKevin Hartや地元のNBAチーム、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)の共同オーナーであるMichael Rubinによって迎えられ、そのまま地元の76ersの試合観戦に出向いている。

 

 

 

Meekはツイッター上で「辛いときに支えてくれた神様や家族、代理人たちに感謝したい。この5か月間は悪夢のようだったが、皆さんの祈りや電話、手紙などのおかげでポジティヴでいられた。フィラデルフィアの州検察官には、正義への責任を果たしてくれたことを感謝しています。この国には金銭的な余裕がない(編註 ゆえに、保釈金を払えない)有色の人々もたくさんいるので、そうした問題のために自分のプラットフォームを活用していきたい。これから、私のリーガル・チームと密に連携取っていくとともに、家族のもとに戻って音楽のキャリアを再開するのが楽しみ」と発言。

 

 

 

 

今回のMeek保釈に対しては、自身が所属するレーベル・オーナーでもあるRick RossやJay-Z、T.Iらがすでに祝福の言葉を述べている。

 

Shares

RELATED POSTS