NEWS

Chris Brownが21 Savageのネタ動画を投稿したことにより、Offsetとのインスタグラムビーフに発展する。

 

ヒップホップトリオ、Migos(ミーゴス)のメンバー、Offest(オフセット)。彼が今、Chris Brown(クリス・ブラウン)とSNS上で争っているでことが大きな話題となっている。

 

ことのきっかけは、クリス・ブラウンが自身のインスタグラムに21 Savageの逮捕に関するネタ動画を貼ったことであった。彼は、21 SavageのXXLフレッシュマン・サイファーの音声を、コメディ・ラッパー、Big Shaq(ビッグ・シャク)の代表曲「Man’s Not Hot」に置き換えた動画を投稿したのだ。

 

これに対しオフセットは「21に関するインターネット・ミームは面白くない、カッコ悪い」とコメントした。投稿主であるブラウンは、このコメントに激怒し、「糞食らえこのガキ、自分のことを心配しろ。」「神経質野郎」「お前が真の男なら俺と戦え」などと、挑発的な長文のリプライを送り、「suck my dick!」と結んだ。

 

 

View this post on Instagram

 

#TSRClapbackSeason: Whew Chile! #ChrisBrown had some words for #Offset after he called him a lame 👀👀

The Shade Roomさん(@theshaderoom)がシェアした投稿 –


ブラウンは更にインスタグラム・ストーリーにて彼を批判し「俺のコメント欄から失せろ」と書いた。これに対しオフセットもすぐに反応し、彼も同じくストーリーにて「コカイン中毒野郎は俺とやり合わないほうがいい」と書き、ブラウンを非難した。

 

 

Shares

RELATED POSTS

PLAY LIST

NEWS RANKING