NEWS

J.Cole、サウンドクラウドのラッパー達をディスる

新作『KOD』をリリースし、スポティファイにて初日のストリーミング数における最大記録を樹立したラッパー、J・コール。

 

収録曲「1985」では、「白人の若い奴らにとってお前らがどう影響してるか考えたことがあるのか?」 「黒人だから、全身タトゥーでハッパ吸って薬を打ってるイメージを見せてくれるって思われてるんだよ」 「奴らはそういった黒人になりたいからお前らの曲を聴いて感じるんだ」 「俺はそういうのごめんだね」と、なぜ白人がステレオタイプな黒人を見たいのかの理由と、特定のラッパーに対するディスをリリックに込めていた。

 

この歌詞にある”お前ら”はリル・ポンプやスモークパープを指しているのではないかと噂が上がり、リル・ポンプに至ってはSNSで反応もしていたが、これはどうやら彼らだけでなく、様々な人に対するディスだったようだ。

 

最新のインタビューにてコールは「特定の誰ってわけじゃなく、何人か当てはまる人に向けてだよ。もし俺の書いたリリックが自分に当てはまり、ディスられてると感じたならそれが真実だよ。そう思ってくれて構わない。そう、俺はディスりたかったのさ」と発言。

 

さらに、サウンドクラウドで流行っているラッパー達がステレオタイプな黒人のイメージを助長しているとも指摘し、「ランキングのトップ3に入っている奴ら以外、ほとんどのラッパーがステレオタイプの黒人のイメージを誇張しているよ。タトゥーだらけでカラフルなヘアスタイルに、ブランド物に囲まれていてとにかくど派手。まるで風刺画じゃないか。最もわかりやすい黒人のイメージの一つだけど、それは黒人に対して支配的で限られた表現だね。以上」と語った。

 

コールは「時が経てば俺に賛同する奴らが誰かわかるだろう」とツイッターを更新。ディスられたと感じるラッパー達の反応はいかに。

 

 

(提供元 MTV NEWS

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING