NEWS

J. Coleが自身のレーベルDreamvilleのコンピレーション・アルバム「Revenge of The Dreamers III」について語る。コンピレーションを作ろうと思った理由とは?

 

 

J. Cole(J・コール)率いるDreamville所属のメンバーたちが、XXLのインタビューに答えた。彼らが「Revenge of The Dreamers III」のレコーディング・セッションにいたるまでのきっかけについて、J. Coleは以下のように語っている。

 

関連記事: J. Coleのレーベル「Dreamville」がコンピレーション・アルバム「Revenge of The Dreamers III」の制作開始を発表。参加するアーティストは?

 

「元々コンピレーション・アルバムを制作したいとは思っていて、ずっと前から話してたんだ。俺たちDreamvilleのメンバーは、個人としては色々な奴らと関わっているし、コラボもしている。でも俺はあまり誰とも関わらない。俺が他の人との交流が少ないから、はたから見たらDreamville全体もそう見えてしまうんだ。でもそうじゃないということを示したかった。」

 

J. Coleとしては、Dreamvilleに対する世間の印象を変えたいという気持ちが強かったようだ。実際にこちらのアルバム「Revenge of The Dreamers III」のレコーディング・セッションには6lack、Rick Ross、Vince Staples、T.I.、Waleなどの豪華アーティストが参加しており、彼らの交友関係の広さがわかるだろう。

 

またJ. Coleは、アルバムに収録される予定の楽曲についても説明している。

 

「どの曲をリリースするか投票していくために、メンバーのみんなで座って全曲を聴くことになるだろう。でも、制作された楽曲のうち90%ぐらいは、みんなの元に届けられるはずだよ」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE