NEWS

ニプシー・ハッスル殺害の容疑者の弁護士として、OJシンプソン事件にて検察側を担当した人物が雇われる

 

 

故Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)殺害の容疑者として逮捕されたEric Holderは無実を訴えているが、その弁護士として1994年のOJシンプソン事件の検察側であった人物が雇われた。

 

関連記事: 故ニプシー・ハッスルについてロサンゼルス警察が記者会見を開く。「若者が可能性を見出すために、ニプシーは休むことなく声をあげていた」

 

Eric Holderの弁護士として雇われたChristopher Dardenは、次回の裁判を5月10日まで遅らせたいという旨のコメントをしているとLos Angeles Timesが報道した。他にも今回の検察John McKinneyは、Dardenは何者かによって私的に雇われ、Eric Holderの弁護士を担当することになったとも明かしている。

 

検察官は保釈金の額として500万ドルを提示しており、Eric Holderは懲役25年から終身刑を言い渡される可能性があるようだ。

 

またEric Holderが逮捕されたのは今回が初ではないようで、弾が装填された銃器を所持していたということで2012年にも逮捕されていたことが明らかになっている。

 

OJシンプソンの事件で検察側をしていた人物が、今回はニプシー殺害における容疑者の弁護士を担当していることに、米ソーシャルメディア上の多くの人が疑問を持っている様子だ。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE