NEWS

故ニプシー・ハッスルについてロサンゼルス警察が記者会見を開く。「若者が可能性を見出すために、ニプシーは休むことなく声をあげていた」

 

 

故Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が3月31日に、自身の店の前で銃撃され亡くなったことについて、ロサンゼルス警察が記者会見を開いた。ロサンゼルス警察署長のSteve Soboroffは、ニプシーかRoc Nationから送られたであろうメールの内容を会見の途中で読み上げている。ニプシーは、4月1日にロサンゼルス警察と共にギャング暴力廃止のためのミーティングに出席する予定だった。

 

関連記事: ケンドリック・ラマーがライブ中にニプシー・ハッスルに向けて黙祷を捧げる。

 

「我々のゴールは、インナーシティとロサンゼルス警察間の関係やコミュニケーションなどを改善するために、署と共に活動することです。あなたたちの考えるゴールや、新たなプログラムについてもぜひお聞きしたい。ギャングによる暴力を廃止し、あなたたちや、子供たちの助けになるためにも。」

 

Steve Soboroffは続けて「あと1日早ければ、ミーティングが金曜日に行われればよかった。」とコメントしている。

 

会見にはロサンゼルス市長のEric Garcettiも出席しており、以下のリンクから彼の声明をチェックすることが出来る。

 

「彼はこの街や世界の若者が、出身や過去の過ちに関わらず未来に可能性を見出すために、休むことなく声をあげていた。」

 

またSteve Soboroffは「ニプシーがそれを望んでいた」と、ギャング暴力廃止のためのミーティングは予定通り行うともコメントしている。

Shares

RELATED POSTS