NEWS

ミーク・ミルが一部のアフリカ系アメリカ人アーティストにのみ適用されるルールでホテルから立ち入りを拒否される

 

 

Meek Mill(ミーク・ミル)が、ラスベガスのホテル「コスモポリタン」から立ち入りを拒否された。その理由が不当であるとして、ミーク・ミルの弁護士がTMZに送った手紙の内容が公開されている。

 

関連記事: ミーク・ミルが「司法制度の改善」について訴えかけるドキュメンタリー「#FreeMeek」のトレーラーが公開。

 

弁護士のJoe Tacopinaは手紙の中で、ホテルには「一部のアフリカ系アメリカ人アーティストの立ち入りを拒否する」という人権侵害的なルールがあったと説明しており、ホテル側には法的措置を取るつもりだという。

 

またTMZは、ミーク・ミル側が撮影した映像をYouTubeに公開している。公開されている動画で、ミーク・ミルたちは詳細な理由も伝えられないまま立ち入りを拒否されており、最終的にホテルのスタッフは「立ち去らなければ逮捕されることになる」と話している。

 

Shares

RELATED POSTS