NEWS

Jay-ZとMeek Millが刑務所などにマスク10万枚を寄付すると発表

 

 

Jay-ZとMeek Millが、司法制度の改革に取り組んでいる団体「REFORM Alliance」を通して、10万枚のマスクを刑務所などに寄付すると発表した。

 

関連記事: ミーク・ミルがコロナウイルスにおける買い占め行為について語る。「その予算がない家庭もいる」

 

彼らは医療用のマスクをテネシーに4万枚、ミシシッピに5千枚、ライカーズ島に5万枚、NYのライカーズ島の医療施設に2500枚を送るようだ。

 

ニューヨークのライカーズ島の刑務所は世界で最も巨大な収容施設としても知られており、アメリカ国内のコロナウイルス感染拡大の危険地域となっている。ニューヨークの刑務所全体では231名の囚人と223名の職員がウイルスに感染したとの報道もある。

 

REFORM AllianceのJessica JacksonはABC Newsに対し、「全国の刑務所にいる人たちから、恐ろしい話を聞いている。REFORM Allianceは、矯正施設などに医療用品を送るための支援を求めています。また我々はSAFER Planを提唱しており、囚人たちが早急に安全に出所出来るよう各州知事に訴えています。」と話している。

 

他にも最近、Jay-ZとRihannaが新型コロナウイルス対策としてそれぞれ1億円以上の寄付を行うという報道もあった。

 


Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE