NEWS

JAY-Zがヒップホップ初の「ビリオネア」になったとフォーブズ紙が発表。

 

 

Jay-Zがついにヒップ・ホップ・アーティストとして初めて資産10億ドル以上の「ビリオネア」となったと、Forbes紙が発表した。

 

月曜日に投稿された記事によると、ラップによる収入とは別に、Roc Nationや TIDALなど自身の企業による収益に加え、Uberなど他の企業への投資によって資産を増やしたとしている。フォーブズ紙は「アルマン・ド・ブリニャックなどといった企業の権利総額を考慮した上で、民間企業の収益を低く見積もり、彼のスパースター的ライフスタイルに応じて支出を差し引き資産を計算した」とし、「外部の専門家に聞いて予想額が適正なものである」こと確認した、としている。

 

関連記事:Jay-Z、Drake、エミネムなどのアーティストたちがLil Wayneの素晴らしさについて語った動画が公開される。

 

Jayの純資産は所有しているアルマン・ド・ブリニャックの権利(3億1000万ドル)、現金と投資総額(2億2000万ドル)、D’Ussé(1億ドル)、Tidal(1億ドル)、Roc Nation(7500万ドル)、彼自身の音楽カタログ紙(7500万ドル)、アート・コレクション(7000万ドル)、不動産(5000万ドル)などが合計されたものである。

 

この記事は彼が自身のBlueprintのアルバムシリーズを自身のストリーミングサービスであるTIDAL以外でリリースした直後に公開されたので、近くこちらの収入も入るのではないかと予想されている。

 

Jayを超える人は果たして現れるのか。今後もヒップ・ホップのビジネスサイドに注目が集まるだろう。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST