NEWS

Lil Nas X(リル・ナズ・X)の新曲「Panini」の作曲者にはカート・コバーンがクレジットされている。

 

 

Lil Nas X(リル・ナズ・X)が、新曲「Panini」を公開した。こちらの楽曲にはNirvana(ニルヴァーナ)のKurt Cobain(カート・コバーン)がクレジットされており、その理由についてLil Nas Xが語った内容を紹介したい。

 

関連記事: Anderson .Paakが自身のライブにLil Nas Xを招待し、「Old Town Road」を披露する

 

Apple Music Beats 1のZane Loweの番組にて「Panini」をプレミア公開したLil Nas Xは、以下のように語っている。

 

寝てるときにも曲のアイデアが降りてくることがあるんだ。「Panini」に関しては、Nirvanaのアルバム「Nevermind」を知るきっかけにもなった。彼らのカバー曲とかは聴いたことあるけど、本人たちをちゃんと聴いたことはなかったんだよね。それから、みんな「おお、アイツはNirvanaをサンプルしたのか」って言うから、「いや違うんだ」と思ってさ。気が付かない間に、全く同じメロディを使用していたんだ。最近は彼らの曲をよく聴いているよ。

 

Lil Nas Xが語るように、彼の新曲「Panini」には、Nirvanaのアルバム「Nevermind」に収録されている「In Bloom」のサビ部分が使用されている。

 

今回公開された「Panini」以外にも、Lil Nas Xの人気曲「Old Town Road」には、ロックバンド「Nine Inch Nails」の楽曲「34 Ghosts IV」がサンプルとして使用されている。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE