NEWS

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)の新アルバムにはエミネムの「Killshot」に向けたアンサーが収録されている

 

 

 

2018年は多くのヒップホップ・ビーフで盛り上がった年であった。Pusha-T(プシャ・T)とDrake(ドレイク)のビーフは非常に話題になり、ドレイクに隠し子にいたということが明らかになった。そして2018年のビッグ・ビーフと言えば、もちろんエミネムとMachine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)を思い出す人も多いだろう。MGKがエミネムに向けたディス・トラック「Rap Devil」は、以前HIP HOP DNAでも解説した

 

【関連記事】Machine Gun Kellyがエミネムへのディストラック「Rap Devil」を公開しその理由を語る。パンチラインを紹介

 

「Rap Devil」の後、エミネムは反撃として「Killshot」をリリースし、こちらがインターネットで大爆発をしたが、その後MGKはアンサーをしなかった。そんなMGKであるが、この度アルバム「Hotel Diablo」をリリースした。その中に収録されている「Floor 13」では、エミネムとのビーフについて言及している。

 

 

彼は楽曲内で「ワナビー・ラッパーたちが俺のことをディスしているビデオを見すぎて時間を無駄にしてしまった。誰かが俺にKillshotを撃ってミスをした後、俺は冬を生き抜いた」、「一人のレジェンドが俺とやり合おうとしたが、Venom(毒)をくらった」と、エミネムが楽曲を担当したマーベルの「Venom」をレファレンスをした。

 

 

実際にはディストラックではなく、単純にビーフについてレファレンスしたものであるが、またこのビーフが加熱する可能性はあるだろう。J. ColeのDreamvilleのコンピ「The Reveng of the Dreamers III」や、ジェイデン・スミス改めJadenの「ERYS」と同じ日にリリースされたMGKのアルバムはどのようなリアクションを生むのだろうか?

Shares

RELATED POSTS

PLAY LIST

NEWS RANKING