NEWS

Lil Wayne(リル・ウェイン)がスケートボードの伝説トニー・ホークの功績を讃えメッセージを送る

 

 

スケートボードを趣味として嗜んでいるラッパーは多い。しかしその中でも、家にスケートパークを作ったり、自身のスケートビデオを公開したり、スケートに対する愛を常に見せているラッパーと言ったらLil Wayne(リル・ウェイン)だ。

 

関連記事: Rick Ross(リック・ロス)の新アルバムには過去にビーフをしていたLil WayneとPusha Tとのコラボ曲が収録されている。リック・ロスが2人を確執を解消したと報道。

 

この度彼は、スケートボード情報サイト「The Berrics」の公式インスタグラムにて、伝説のスケーターであるTony Hawk(トニー・ホーク)にメッセージを送った。トニー・ホークと言えば、バーティカル・ランプで900°を達成したり、数々のスケートボードのビデオゲームを出したり、スケートボード業界に最も影響を及ぼしたスケーターである。そんな彼の功績を讃え、The Berricsは今週を「トニー・ホーク週間」とし、多くのスケーターからのメッセージ動画を募った。

 

動画の中でウェインは、トニー・ホークがスケートボード業界に与えた計り知れないインパクトについて「あなたがいるから、俺はこんな年になっても鎖骨を折ったりしてるんだ。スケートする前までは鎖骨の存在も知らなかったけど。でもスケートボードのその感じも愛してる。そしてライリー(トニー・ホークの息子)、お前もビーストだ!」と嬉しそうに語っている。

 

30代中盤でスケートボードを始め、そのスケート愛故に怪我をしても楽しいと思うことができていると語ったウェイン。そんな彼のスケートビデオはこちら。

 

Shares

RELATED POSTS