NEWS

Jay-Z(ジェイ・Z)がNFLとパートナーシップを結ぶ。スーパーボウルのハーフタイムショーや、エンターテイメント/社会的公正を監督する役割に

 

 

Jay-Z(ジェイ・Z)とRoc Nationが、「ライブ・ミュージック・エンターテイメント・ストラテジスト」としてNFLとパートナーシップを結んだと、The New York Timesが報道した。

 

関連記事: Jay Zがトラヴィス・スコットにスーパーボウル出演をやめるよう説得?

 

Jay-Zは、スーパーボウルのハーフタイムショーをプロデュースするそうだ。またRoc Nationの役割としては、「Inspire Change 」の援助をしていくということが報道されている。「Inspire Change 」は、NFLが始めた社会的公正を目的とするキャンペーンで、2016年にSan Francisco 49ersのクオーターバックであったコリン・キャパニックが行った抗議が発端となっている。

 

コリン・キャパニックは人種差別や暴力に対する抗議を目的として、試合前の国歌斉唱の際に起立を拒否し、膝をついた。この件は社会問題にもなっており、Jay-Zも、過去に何度もコメントをしている。2017年にマイアミにて行われたライブの中で、Jay-Zは「誰かが膝をついて、拳を天に突き上げるのが、どういう意味か理解してほしい。それは国旗のためではなく、正義のためだ。黒人や白人なんて関係なく、人間としての問題なんだ。」と語っている。

 

また、NFLのコミッショナーであるRoger Goodellは、以下のように話している。

 

「すべてに同意してほしいとは考えていないんだ。どうすればよりよくなるかと、伝えてくれる人間を求めている。この2つの組織、また私個人とJay-Zの関係の核となっているのは、そのようなことだと思っている。」

 

NFLとのパートナーシップが結ばれたという報道からしばらくして、Jay-ZはWall Street Journalのインタビューにも答えている。

 

「Inspire Changeのプラットフォームの築き方について考えたい。同じようことが将来的に起こるとき、キャパニックは自分を表現するプラットフォームがあり、その場所がフィールドの上である必要はないだろう。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING