NEWS

スヌープ・ドッグが新曲「One Blood, One Cuzz」にてギャング同士の和平を説く

 

 

ギャングである「Crips」出身であり、今では子供たちのフットボール・リーグを開設したり、社会貢献活動に精を出しているOG、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)。そんな彼の17枚目となるアルバム「I Wanna Thank Me」が今週の金曜日にリリースされる。

 

【関連記事】Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が子供たちの強いエネルギーについて語る。「音楽はユニバーサルな言語で、そこに境界線はない」

 

アルバムリリースに先駆け、シングル「One Blood, One Cuzz」をリリースした。この楽曲はギャングであろうBloodsとCrips同士の和平について語った楽曲となっており、ニプシー・ハッスルを失ったことについても赤裸々に語っている。楽曲は現在収監されているギャング・メンバーであり、スヌープ・ドッグの友人との会話から始まる。ニプシーの追悼パレードにて、両サイドの色である赤と青が団結したことを快く思っていなかった人もいるかも知れないが、みんなの内心ではその色が混ざっていること、そして自分が若かった頃は和平なんて望んでおらず、ギャングライフを生きることに拘っていたが、今ではそんなライフスタイルは無意味だと知ったことについて語っている。

 

西海岸のベテランDJ/プロデューサーであるDJ Battlecatがフィーチャリングで参加している。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING