NEWS

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が子供たちの強いエネルギーについて語る。「音楽はユニバーサルな言語で、そこに境界線はない」

 

 

カリフォルニア州デイナポイントにて開催されたイベント「Weenie Roast」に出演したSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が、Billboardのインタビューに答えた。

 

関連記事: スヌープ・ドッグが自身のハリウッド殿堂入りセレモニーでスピーチを行う。「俺を信じてくれた自分自身に感謝だ」

 

「子供たちが俺に与えてくれるエネルギーが好きなんだ。今日はたくさんの子供たちが来ていたよ、4歳から10歳、14歳の子もいたな。そして彼らが俺を見るとき、彼らが俺に与えてくれるエナジーを、俺は求めてるんだ。驚いてるのか、調子を合わせてるのか、活気的なのか、それともただ観ているだけなのか?今日見たヤツらはハマってたよ。境界線なんてなくて、ただただ良い音楽を親が子供に教えているようだった。俺の親がしてくれたようにな。」

 

実際にスヌープは過去に「俺の初恋は、おそらく母の8トラック・カセットテープ・プレーヤーだな。」と語っており、両親の影響でEarth Wind & FireやThe Dramaticsなどの音楽を知ることになったようだ。

 

俺はロック、ラップ、レゲエ、近所で鳴ってる音楽ならなんでも聴いて育ってきた。ラテン系の人が近くに住んでいたならラテン系の音楽を聴いたし、ロッカーと同じ学校に行ったなら、ロックを聴いた。そして今日のようなイベントに来て、子供たちは両親と共に「音楽はユニバーサルな言語で、そこに境界線はない」ということを知るだろう。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING