NEWS

Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)の遺族が設立した財団にアトランティック・レコードが多額の寄付を行う。

 

本年3月31日、自身の店の前で銃撃され、命を落としたNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)。多くの偉大なラッパーたちから尊敬されていた彼の死を受け、遺族たちが設立したのが「The Neighborhood Nip Foundation(ザ・ネイバーフッド・ニップ財団)」である。今回、大手レーベルであるアトランティック・レコードが、同財団に100,000ドルを超える寄付を行ったと、ニプシーのビジネスパートナーであり親しい友人でもあったKaren Civilが公表した。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

💙

Karen Civil 🇭🇹さん(@karencivil)がシェアした投稿 –

 

ニプシーは生前最後のアルバム「Victory Lap」を、アトランティック・レコードを通してリリースしている。6桁(ドル)の寄付が行われたということ以外、詳しい情報は公開されていないが、彼のレガシーを残すために活動しているニップ財団にとって、大きな助けとなるであろう。

 

Nipseyの兄Blacc Samはタイムズ紙のインタビューにて、財団はNipsey自身が昔お世話になったような、地域の若者の音楽活動を支援する制度を考案し、実施していくと語った。「Nipとは、彼が昔お世話になった支援プログラムについてよく話したんだ。少しの支援は大きな助けになるんだ。そのためにこの財団は活動していくよ。Nipが昔お世話になったもの、そして彼が信じたものと合致した財団にしていくつもりだ。」

 

財団の今後の活動を見守っていきたい。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING