NEWS

Meek Mill(ミーク・ミル)が2007年頃の微罪を認め、ついに自由の身になる。

 

 

銃器所持などの微罪の疑いで、2007年頃に逮捕されたMeek Mill(ミーク・ミル)が、罪を認め、検察側との合意が成立したようだ。これにより、長い間続いていた裁判/事件が終了し、ついにミークが自由の身になったとThe Philadelphia Inquirerが報道している。

 

関連記事: Meek Mill(ミーク・ミル)が司法制度の改善を訴えかけるドキュメンタリー「#FreeMeek」の新トレーラーと配信予定日が公開。Jay-Zがプロデュースに参加。

 

ミーク・ミルの逮捕を含め、保護観察違反による収監などが不当であるとして、さまざまな人物が何度も声を挙げていた。彼はいままで、このような司法制度の改善を訴えるために、ドキュメンタリーの制作などにも取り組んできていた。

 

そんな彼は、ついに事件が終了したことについて以下のように語っている。

 

「長きに渡る法の闘いがついに終わって、本当にありがたく思っている。そしてこれが、両アメリカ内の司法制度の改革などについて、ディスカッションを行うきっかけとなったことも嬉しく思う。ずっと真実を伝えてきたつもりだ。ティーン・エイジャーの頃から、無意味な銃の暴力を何度も見てきた。銃は、自己防衛のために持ち歩いていたけど、REFORM Allianceとしての活動をすることにより、責任を取っていくつもりだ。引き続き俺のプラットフォームで、司法制度改革のため、コミュニティーをより安全にしていきたい。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING