NEWS

故リル・ピープの母親が彼のマネジメント会社を訴えると報道。会社がドラッグの使用を促したと主張

 

 

2017年、ドラッグのオーバードーズで亡くなった故Lil Peep(リル・ピープ)。彼の母親が、彼のマネジメント会社を訴えるという報道があった。母親であるLiza Womackは「リル・ピープはツアー中に、マネージャーから錠剤をボトルごとプレゼントとして貰った」と、会社側がドラッグの使用を促したと主張している。

 

関連記事: Lil PeepのドキュメンタリーがSXSWにて公開される。放送日時など詳細はこちら

 

そんな報道に対して、リル・ピープのマネジメント会社のFirst Access Entertainmentは声明を発表した。

 

「リル・ピープの死、ドラッグによる不慮のオーバードーズは、大変な悲劇でした。しかしながら、社員が彼の死に関わり、責任があるというのは絶対に事実ではありません。」

 

またマネジメント会社は発表の中で、「リル・ピープがドラッグの使用を避けることを推奨した」という旨も語っている。

 

事実は不明であるが、今後どのような結果となるのだろうか。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING