NEWS

DaBabyがヒット曲「Suge」を制作したきっかけについてを語る。「契約金が振り込まれているの確認して、すぐにスタジオに向かった」

 

 

DaBabyが、Billboardの「How It Went Down」に出演し、インタビューに答えた。彼は、ヒット曲「Suge」が完成するまでの経緯を語っている。

 

関連記事: 注目のラッパーDaBabyが新アルバム「KIRK」をリリース。Chance the Rapper、Nicki Minaj、Migosなどが参加

 

「Interscopeとの契約が決まって数週間後とかだったと思うんだが、俺はLAにいたんだ。Crustaceanでディナーを終えて、マネージャーのArnold Taylorに連絡をした。そして契約金が口座に振り込まれていると言われたから、乗っていたタクシーに一度止まってもらった。ATMの前で降りて、普段は残高を確認するだけだ。だが、今回は違った。レシートをプリントしたんだ。見ないで折りたたんで、車内に戻って、照らして確認したよ。それで、俺はスタジオに行くことにした。」

 

「Suge」の制作を開始するきっかけを説明したDaBaby。レコーディングでの様子については、以下のように語っている。

 

「JetsonMadeとスタジオに入って、彼はメロディを演奏し始めた。俺はプロデューサーの近くにいるのが好きなんだ。すぐ隣で、お互いのバイブスをキャッチすることが出来るからな。」

 

そうして、DaBabyは「Suge」を完成させたと話している。楽曲のミュージック・ビデオは、以下のリンクからチェックすることが出来る。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING