NEWS

タイラー・ザ・クリエイターがMusic Innovator of the Yearに選ばれる。表彰式にて彼が語ったインスピレーショナルな内容をチェック

 

 

Tyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)が、The Wall Street JournalのMusic Innovator of the Yearに選ばれた。表彰式にて彼が語った内容を紹介したい。

 

関連記事: Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)が自身が最も影響を受けたアーティストたちについて語る。

 

「いままでの人生、学校や、家の中、音楽やラップをやってきて、ずっと自分に居場所がないように感じてきた。8年生の頃、ドラマ部に入ったけど、テンションが高すぎると言われて1時間で追い出された。椅子の上に立ったりしていたけど、追い出さなくてもよかっただろと今でも思ってる。9年生の頃、楽譜が読めないって理由で、バンドクラスに入れてもらえなかった。それでも情熱は残っているし、いま2つの楽器をやっていて、3つ目を始めるところだ。」

 

学校に通っていた頃から音楽などに興味を持っていたが、周りから何かと拒絶されてきたことについてを語ったタイラー。彼は続けて、以下のように話している。

 

「そんな出来事があったが、俺は、クソくらえだと言ったよ。何があっても、俺がやりたいと思ったことを止めることはできない。なぜなら、俺がイノベーターだと思う人たちが、俺が尊敬する人たちだったからだ。ファレル、カニエ、Hype Williams、Dave Chappelle、Erykah Badu、André 3000とかがいて、俺は自分自身をイノベーターだとは思わないけど、彼らはそうなんだ。俺たちはみんな自由だと思うし、この誠実で、誰がなんと言おうとどうだっていい場所で、クリエイトしてきている。居場所がないと感じていたけど、Wall Street Journalが、俺の家族が、誕生日を祝ってくれたように感じさせてくれたよ。ありがとう。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE