NEWS

スヌープ・ドッグが過去に所属していたレーベル「No Limit」と「Death Row」のチェーンの写真をインスタに投稿し、波乱万丈な人生を振り返る

 

インスタグラムに幾つかのジュエリーの写真を投稿したスヌープ・ドッグ。写真に写っているジュエリーの文字が、彼の波乱万丈かつ大きく成功した人生を物語っているとして話題となっている。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿

 

 

写真には「No Limit」「Death Row」という、彼が過去に所属していた二つのレーベル名とロゴがデザインされたチェーンが写っている。No Limitからは「Da Game Is To Be Sold Not Told」「No Limit Top Dogg」という二つのプロジェクトをリリースしているスヌープ。レーベルの創設者である「Master P」をビジネスマンとして尊敬しており、師匠としても慕っているスヌープにとって、このチェーンは大きな意味を持っているのだろう。また、Death Rowはスヌープが初めて所属したレーベルであり、No Limitの前に所属していた。Suge Night(シュグ・ナイト)とDr. Dreによって創設されたレーベルであるが、シュグ・ナイトとスヌープはビーフしていた時期もあり、マスターPがデスロウにいたスヌープを助けた形となる。今ではビーフを解消したと言われているが、シュグ・ナイト自身は現在ひき逃げ事件を起こして服役中である。

関連:スヌープ・ドッグの大ヒット曲「Drop It Like It’s Hot」の制作秘話。ファレル「スタジオには40人くらいのギャングメンバーがいた」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING