NEWS

マシン・ガン・ケリーが娘に向けた曲を作る。「最期のときが来ても後悔しないように」

 

 

Juice WRLD(ジュース・ワールド)が、シカゴのミッドウェー国際空港にて発作を起こし亡くなったということが報道され、さまざまな人物が追悼コメントを寄せていた。

 

関連記事: Juice WRLD(ジュース・ワールド)が亡くなる前、パーコセットを大量に摂取していたとの目撃証言が浮上。空港でのFBIの捜索前に証拠隠滅を図った可能性

 

中でもMachine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)は、今回の件について考えさせられているようだ。彼は、報道があった次の日に、以下のようにツイートしていた。

 

昨日の朝の7時くらい、眠る前に、「俺たちは、こんな風に生き続けてちゃダメだ」とメッセージを送った。午後に目が覚めて、Juiceがいなくなったと知った。

 

Machine Gun Kellyは続けて、娘に送ったメッセージを公開している。

 

「彼女のために曲を作った。俺の最期の時が来ても後悔しないように」

 

彼は自身でも私生活でドラッグの問題を抱えたりしていたため、Lil Peep、マック・ミラー、Juice WRLDなど多くのラッパーが亡くなっていく姿を見て自身の生活を見直そうと考えたのだろう。

 

関連記事: 【サマソニ2019】Machine Gun Kellyのライブレポートと彼に見た「ロックスター像」。「Hotel Diablo」と多面性と心の居場所

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST