NEWS

タイラー・ザ・クリエイターがデビュー作「Bastard」の10周年記念で当時を振り返る。「計り知れないエナジーがあった」

 

 

Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)が、自身のデビュー作となるミックステープ「Bastard」を2009年のクリスマスにリリースしてから、10年が経った。

 

関連記事: ラッパーたちがデビューする前の職業について語る。ニッキー・ミナージュ、ケンドリック・ラマー、タイラー・ザ・クリエイターなど

 

View this post on Instagram

10 YEARS( 3rd photo i wrote something)

A post shared by Tyler, The Creator (@feliciathegoat) on

そんな彼が、自身のインスタグラムにて当時を振り返った写真や文章を投稿している。

 

「2009年のクリスマスに、俺の1stアルバムBASTARDをzshareで公開して、46人が聞いてくれた。俺にはアイデアと、計り知れないエナジーがあって、耳がついてるを全員ムカつかせたかった。sydとtravisが彼らの家を開放して制作する場所をくれたことと、俺のアイデアが融合してこのアルバムが形成された。」

 

またタイラーは、アルバムの制作にあたってEminemの「Relapse」、James Pantsの「Seven Seals 」、Nite Jewelの「Good Evening 」、Veckatimestの「Grizzly Bear」、Clipseの「Hell Hath No Fury」、The Cool Kidsなどから影響を受けたと明かしている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING